これっていぼ?息子と病院へ行ってみました。

omg151018250i9a1947_tp_v1 母業

数あるブログの中から、こちらをご覧くださってありがとうございます。

こんにちは、ままちょこです。

 

うちの小4の息子、先日足の指の間にいぼができちゃいまして。

親指と人差し指の間に1個。

「おかあさーん、足になんかできてるー」と言われ見てみたのですが、始めなんだかわからず、痛いわけでもないようだったので、忙しさもあって、病院には連れて行かなかったんです。魚の目コロリだか何だかドラックストアで買ってみようかなって思ってて。

 

そしたら、すっかり忘れてて!(ダメ母)

 

気づいたらひと月経って、1個増えてました…ごめんよ息子…

あわてて何だかネットで調べてみました。魚の目なのか?いぼなのか?区別がよくわからなかったんですよね(´・ω・`)足の裏にできるもので、他にもタコっていうのもあるじゃないですか。

そこで区別できるよう、簡単にまとめてみましたよ!

 

【魚の目】小さく丸い芯があって、芯の部分が内側に向かって円錐状になっているもの。硬くなった角質の芯が神経を圧迫し、痛くなることがある。

【いぼ】子供にできることが多い。一般的に足の裏にできやすいのは、尋常性ゆうぜいというもので、ヒトパピローマウイルスというウイルスの感染によって起きる。安易に触ったりするとほかの場所にもうつるので注意!表面が丸く盛り上がり、茶色い点々があるのが特徴。痛みやかゆみはないが、大きくなると痛くなることもある。

【タコ】靴などによって圧迫や摩擦、衝撃を受けて角質が厚くなり、黄色く盛り上がってくる状態。よっぽど悪化してひび割れたりしなければ痛みはない。

 

うちの息子の場合は茶色い点々があったので、いぼでした。急いで皮膚科に行って、治療してもらいましたよ。

 

治療法は2つあって、-196℃の液体窒素をかけるのと、家で週に一回劇薬を塗って、治るまで病院に通う、この2つ。

液体窒素はちょっと痛みがあるけど一回で治る!とのことだったので、だらだら病院来るより一発で治るほうがいいと、息子と意見がめずらしく一致(笑)

少し痛かったようでしたが何とか耐えました。が、2日くらい足が痛くて、びっこを引いて歩いていました…学校が長期休みの時を選んだので、本当に良かったです。

いぼはそのあと液体窒素の影響で黒くなり、小さくなって、2~3週間でぽろっと取れました。

 

しかし!半年もたたないうちにまた、違うところにいぼ発見!!取り切れてなかったのか、また感染してしまったのか…?とりあえず皮膚科にGO!

今度は学校があるので痛くないほうにしてみよう、ということにして、モノクロロ酢酸という劇薬を週1回塗るほうにしました。5センチもない小さい小瓶に入ったモノクロロ酢酸と、細くて長い竹串のような綿棒をもらい、曜日を決めて塗って乾かす。本人も早く治したいので、協力的でした。いぼが小さめだったのもあって、5~6週間で治りました。

 

どちらの治療法も試しましたが、液体窒素は早く治るけど足が痛くなる可能性が高いので、休める人向け。モノクロロ酢酸は時間はかかるけど痛くないので学校や仕事など休めない人向けですね。

 

自己判断して、ドラッグストアで済ませなくて本当に良かったです(*_*;

 

今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました^^

<スポンサーリンク>


コメント